いつも心に音楽と、山と

さすらいの教師takebowの趣味の部屋

月曜日, 1月 08, 0019

【名曲名盤】デューク・ジョーダン『フライト・トゥ・デンマーク』


何とチャーリー・パーカーの時代からのキャリアの持ち主。ばりばりニューヨーク生まれの黒人ピアノ弾きなのに、後半生は北欧で生活されて、このアルバムもタイトル通りデンマークで録音されて、Steeple Chaseレーベルから発売されている。

ジャ ケットが雪の中で佇むデューク・ジョーダンなので、冬場に好んで聴く人が多いようだ。確かに薪ストーブの前で、スコッチ片手に聴くと良い雰囲気、最高 だろうなぁ(もちろんやったこと無いけど)。名曲No Problem(危険な関係のブルース)も良いのだ(この名曲、デューク・ジョーダン作曲なのだ)が、Everything Happens To Meの「いぶし銀」のような光を放つ名演に惚れております。トリオの支えがあってのリーダー作だと思うのですが、特にドラムのエド・シグペンの「出しゃば らない」感が心地よいです。デューク・ジョーダンもリズム隊にまかせて、自由にテンポを変えています。Glad I Met Patの高音部を弾くリリシズムは最高。On Green Dolphin Streetもマイルスの演奏とは異なるが、刻んでくる感じのブロック・コードがとても「鯔背」な感じがするんです。

小生がライブを見た数少ないアーティストの一人でもある、名ピアノ弾きで名作曲家のデューク・ジョーダンは2006.8.8、デンマークで死去された。享年84歳。         合掌


Duke Jordan  『Flight To Denmark』  Steeple Chase  1973

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム